TMT

ニュース & ブログ

リモートワークで失われるトランザクティブメモリーについて

こんにちは。

TMT Universal 代表 食品工場コンサルタント 津村雅志です。

新型コロナウィルスが猛威を振るい、全国の小中高が臨時休校となったり、企業もリモートワークを推奨するなどの対応が広がっています。

このリモートワークについて、私は基本的に必要な程度に取り入れていくのは賛成の立場です。

最近は、コミュニケーションツールが非常に充実しています。

LINEやMessenger、Chatwork、Slackなどのメッセージアプリや、FacebookやInstagram、TwitterなどのSNS、SkypeやZoomなどのビデオ通話など、その使い勝手の良さから急速に広まってきました。

ですが、全ての業種に適用となる訳ではなく、現地で作業する必要がある業種には関係のない話ではあります。

このリモートワークについてですが、短期で見れば業績に影響を受けることなくとても良い取組だと思いますが、長期的に見ると少し疑問が残ります。

それは、情報共有の問題です。

情報共有には、いつくか種類があります。

まずは、目標の情報共有です。

目指すところ、姿を共有します。

次に、目指し方、どの道を歩くかという道しるべです。

ここまでは、もしかするとリモートワークでも共有することが可能かもしれません。

しかし、一番大事な情報が抜けています。

それは、トランザクティブメモリーと言われる、いわゆる、「誰が何を知っているか」という情報です。

このトランザクティブメモリーは、実は、古くから日本の企業では情報共有出来ていました。

その情報共有されていた場が、いわゆる喫煙室や居酒屋です。

今でこそ、喫煙者が肩身の狭い思いをし、若者は飲み会に行かなくなったと言われています。

なぜ、喫煙室や居酒屋なのかというと、これらの場には、組織や年齢、上下関係など関係ない人たちがただタバコを吸うという目的や、お酒を飲むという目的のためだけに集まっている為、様々な雑談が繰り広げられています。

普段の仕事ではまず絡むことのない人や、普段はとても話しかけられない偉い人などとも話しをすることが出来ます。

そこで、あの人は、あんなスキルがあったのか!

であったり、あの部署は、あの会社と取引しているんだ!

など、多くの情報が集まるのです。

昔は(いや、今も)、喫煙室や居酒屋で大きな人事判断や経営判断がされてきました。

非喫煙者やお酒を飲まない人には、信じられない話かもしれませんが、それが事実です。

このトランザクティブメモリーが、実は非常に重要なのですが、これはFace to Faceでしか共有することが出来ないと言われています。

この為、リモートワークも必要なだけやる分には良いのですが、たまには顔を合わせて雑談したりする機会を意識的に設けなければいけないのです。

これは、企業だけの話ではなく、個人事業主などにも言うことが出来ます。

実は、私自身の知識や何が出来るのかという情報も、全てを知っている人は実はほぼいません。

関係ある人に、関係ある部分を見せる必要しかないので、わざわざ見せる必要もないという考えなのが一番の理由ですが、もしかすると、情報共有するようになると、事業の幅が急に広がるようになるかもしれません。

たまには、皆さんも、そういった意識で情報共有してみてはいかがでしょうか。

Hello.

I am Masashi Tsumura, representative of TMT Universal, a food factory consultant.

The new coronavirus is rampant, and schools around the country are temporarily closed, and companies are also recommending remote work.

I'm basically in favor of adopting this remote work to the extent I need it.

Recently, communication tools have become very rich.

It has rapidly become widespread due to its ease of use, including messaging apps such as LINE, Messenger, Chatwork, and Slack, SNS such as Facebook, Instagram, and Twitter, and video calls such as Skype and Zoom.

However, it does not apply to all industries and is not relevant to industries that need to work locally.

Regarding this remote work, I think that it is a very good approach without affecting the business performance in the short term, but a little question remains in the long term.

That is the problem of information sharing.

There are several types of information sharing.

The first is information sharing of goals.

Share your where you want to go.

Next, it is a signpost of how to aim and which way to walk.

So far, it may be possible to share even remote work.

However, the most important information is missing.

It is the so-called "who knows what", so-called transactional memory.

Actually, this transactional memory has been able to share information with Japanese companies for a long time.

The place where that information was shared is the so-called smoking room and izakaya.

Now it is said that smokers have narrow shoulders and young people have stopped going to drinking parties.

Why smokers and izakayas are gathered in these places for people who have nothing to do with their organization, age, hierarchy, etc. just to smoke or drink Therefore, various chats are unfolding.

You can talk to people who do not get involved in your daily work, or great people who do not usually speak very well.

So, did that person have that skill!

Or that department does business with that company!

A lot of information gathers.

In the past (and still today), large personnel and management decisions were made in smoking rooms and izakayas.

For non-smokers and those who do not drink alcohol, it may be an incredible story, but that is true.

This transactional memory is actually very important, but it is said that it can only be shared in Face to Face.

For this reason, remote work is good enough to do as much as you need, but occasionally you need to consciously provide opportunities for face-to-face chats.

This can be said not only for companies but also for sole proprietors.

In fact, few people know everything about my knowledge and what I can do.

The main reason is that there is no need to show the relevant part to the relevant people, so it is not necessary to show it, but if you start sharing information, the width of your business will suddenly expand Might be. Occasionally, why don't you share information with such consciousness?

ニュース & ブログ一覧へ
ページトップに戻る