TMT

ニュース & ブログ

東京いちじくマルシェ販売

こんにちは。

TMT Universal 代表 食品工場コンサルタント 津村雅志です。

無事、東京いちじくプロジェクトの一つの節目であるルミネマルシェの販売が終了しました。

当日は、新型コロナウィルスの影響で、かつてないほどの人通りの少なさに加えて、試食販売禁止、販売者は全員マスクとビニール手袋着用義務が課せられ、不利な状況の中での開催となりました。

ここまで、商品のコンセプトを決め、商品を形にし、ブランドロゴを決め、とても素晴らしい商品に仕上がったと思います。

ですが、世間とは非常なもので、そのような開発者の想いというのは、知ったこっちゃないんですね。

良い商品であるからと言って、売れるわけではない。

そう、売れるわけではないんです。

では、どうすれば売れるか。

それは、売るんだ!という気持ちなんです。

商品の良さは、確かに売り上げに直結すします。

しかし、それは、その後の展開であって、特にマルシェでは歩いている人に商品を買ってもらわなければいけません。

まず、こちらを見てもらう。

そして、足を止めてもらう。

話を聞いてもらう。

その後に、初めて買って貰えるんです。

今回は、たくさんの友人・知人の方にも足を運んで頂きました。

その皆さんの暖かいご支援ももちろん大切です。

でも、それもブログで告知したり、直接ご紹介したりという営業活動の結果です。

かつて、新規事業請負の日本一を誇る世にも恐ろしい営業会社に所属しており、そこで自分の殻を強制的に破られる、通称「情熱研修」というものがありました。

そこで、強制的に頭のねじを外されたことがあり、今回もねじを外さないとなあ・・・はずれるかなあ・・・

と、考えていました。

そう、新規事業、特にマルシェのような不特定多数の人が行き交う場所での販売は、頭のねじを外す必要があります。

商品が出来て、さあ売るぞ!となった時、最後に必要なものは自分を売る。です。

マルシェには、マルシェ用の営業があります。

対面販売には、対面販売用、企業向けには企業向け用の営業テクニックはありますが、今回使ったのは、マルシェ用の営業テクニックです。

まあ、根底にあるのは一緒なのですけど

さて、マルシェの結果ですが、皆さんのおかげで目標売上金額を達成することが出来ました!!

最悪の条件下で最高の結果を出すことが出来たのではないかと思います。

結果が出なければ、はっきり言って今までやってきたことは、全てムダでした。

デザインも、コンセプトも全ては結果が出て初めて報われるんです。

結果が出なければ、文化祭行事と同じです。

やる意味なし。

自己満足です。

ですが、今回はしっかり結果が出ました!!

結果が出ましたので、今までやってきたことが初めて報われました。

この結果をもって「東京いちじく」は今後、次のステージに進むことが出来るではないかと思います。

というよりも、次のステージに進めていくんですね。

とりあえず、良かったですね。

皆さま、ご協力下さいましてありがとうございます。

Hello.

I am Masashi Tsumura, representative of TMT Universal, a food factory consultant.

The sale of LUMINE Marche, one of the milestones of the Tokyo Fig Project, has ended.

On the day, due to the influence of the new coronavirus, in addition to unprecedented traffic, tasting sales are banned, and all sellers are obliged to wear masks and vinyl gloves, so it is held in disadvantageous situations Was.

So far, we have decided on the concept of the product, shaped the product, decided on the brand logo, and made it a very wonderful product.

However, the world is very important, and I don't know what such a developer's desire is.

Just because a product is good doesn't mean it sells.

Yes, it doesn't sell.

So how do you sell?

It sells! That's the feeling.

Good products certainly lead to sales.

However, it is a subsequent development, especially in Marche, where people walking must buy the goods.

First, have a look here.

And have them stop.

Have the story heard.

Then you can buy it for the first time.

This time, many friends and acquaintances also visited.

Of course, their warm support is also important.

However, that is also the result of sales activities such as blog announcements and direct introductions.

In the past, I belonged to a terrible business company that boasts the number one new business contract in Japan, where I was forced to break my shell, and there was a so-called "passion training".

Then, I had to forcibly remove the head screw, and this time I also need to remove the screw ... I wonder if it will come off ...

I was thinking.

Yes, new businesses, especially those sold by unspecified people like Marche, need to unscrew their heads.

The product is ready and we'll sell it! When it comes to selling the last thing you need. is.

Marche has a business for Marche.

For face-to-face sales, there are sales techniques for face-to-face sales, and for companies, business techniques for companies, but this time we used sales techniques for Marche.

Well, the underlying thing is the same,

Well, the result of Marche, thanks to everyone, we were able to achieve the target sales amount! !

I think we were able to get the best results under the worst conditions.

If you don't get any results, it's clear that everything you've done so far has been wasted.

Both the design and the concept are rewarded only when the results are obtained.

If there is no result, it is the same as a cultural festival event.

There is no point to do it.

I am complacent.

But this time, the results are solid! !

With the results, what you've done is rewarded for the first time.

With these results, I think that Tokyo Fig will be able to advance to the next stage in the future.

Rather, we are going to the next stage.

Anyway, it was good.

Thank you for your cooperation.

ニュース & ブログ一覧へ
ページトップに戻る